合宿免許は全国自動車学校ナビ。安くてお得な合宿免許を掲載しています。九州・沖縄地方から、関西・関東まで完全網羅。

全国自動車学校ナビ

自動車学校とはどういうものでしょうか

運転免許センターでの実地試験免除となる条件として公安委員会指定自動車学校の卒業証明書が必要となります。各都道府県の公安委員会の指定を受けている自動車学校とは具体的にどういうものなのか?またどういった教習内容なのかなど、ここでは公認の自動車学校についての情報を公開していきます。

指定自動車教習所(公認自動車教習所とも称する)

公安委員会から卒業生に技能試験の免除で運転免許試験場での試験を受けることの出来る証明書を発行できます。教習所のコースの広さや教習内容に規定があり一定の時限数を経ないと基本的に卒業できません。

指定でない(非公認の)自動車教習所

指定自動車教習所でない教習所<自動車免許練習場>では、技能試験の免除がありません。仮免許・本免許はわざわざ住民票のある県の運転免許試験場で試験を受けることとなる。その中で、取得時講習などが出来る教習所とそうでない教習所があります。指定自動車教習所と比べてみると、カリキュラム<授業内容、講習内容>に自由度が高く、最低限決められた時限数さえ運転教習を受け、運転免許試験場でおこなわれる試験に合格すれば運転免許が与えられるので、運転技術や知識等に自信のある運転免許取消処分者や特殊な免許を受験する場合などに有利な場合もあるとされています。
自動車運転練習コースの制限が少ないのですれちがいや転回など特徴ある項目で教習を行っている教習所<練習場>も存在します。運転免許試験場での手続きは基本的に受講生主体となって自主的に行わなければなりません。

届出自動車教習所

関係当局に届出を出している届出自動車教習所である。
取得時講習などを行うことのできる「特定の届出教習所」と 取得時講習等が出来ない「特定でない」届出教習所も存在します。 届出を出していない教習所とは指定教習所でも届出教習所でもなく単なる練習だけをおこなう教習所です。東九州自動車学校も会社内グループに単なる教習コースとして利用している施設があります。この練習場は自動車と教習指導員で路上や私有地で教習するプライベートな教習所<練習場>もあり、ペーパードライバー講習としての利用も多いようです。

自動車教習所【自動車学校】の施設、設備について

運転免許学科教習用の教室、事務室、指導員室などのある建物【校舎】があり、授業教習予約、事務手続き、シミュレーター教習【高速道路のないところは高速道路の運転講習もシュミレーターで行います。】などが行われます。
教習コースは指定自動車教習所【公安委員会指定自動車学校】では運転免許試験場と同等の広さを持ち、坂道発進・狭路通過など運転免許試験場と同等の大きさのコースが必要。道路交通法施行令第三十五条イにより「コース敷地の面積が八千平方メートル」以上必要とされる。(二輪の教習所は3500平方メートル以上) 教習指導員、検定員 指定自動車教習所では一定の資格を持った教習指導員と修了検定などを検定する検定員がかならず必要になるいます。運転免許教習車 教習車とは、自動車教習に使われる自動車、自動二輪車の事。四輪車は助手席足元に補助ブレーキペダルが、二輪車は計器・制動装置類と連動するランプが装備される。四輪車は特種用途自動車として扱われるため、8ナンバーとなります。

運転免許教習

運転免許教習について 運転者の補充教育や再教育に関する講習、法定講習について 公安委員会(警察)から指定(委託 […]

自動車学校での講習

運転免許等に関する講習について 公安委員会指定の自動車学校は運転免許取得を行うだけの場所ではございません。自動 […]

公安委員会指定基準

公安委員会指定自動車学校の基準 指定自動車学校の基準を見ていきます。 自動車運転教育を行っている施設のうち、 […]