合宿免許は全国自動車学校ナビ。安くてお得な合宿免許を掲載しています。九州・沖縄地方から、関西・関東まで完全網羅。

全国自動車学校ナビ

外国での運転免許

車社会というのは日本だけではなく、全世界に広がっており、現代は世界的な車社会であるといえます。運転免許証もそれぞれの国によって違うようです。海外での運転免許証や交通ルールなどをこちらのコーナーでご紹介!運転免許証の移転なんかも心配ですよね??外国に行ってレンタカーを借りたりも出来ると一緒にいった彼女にも見直されること間違いなし???皆さん一緒に海外の運転免許について勉強していきましょう!

運転免許証の海外版!?国際免許証とは一体?

国際免許証とは、日本が加盟しているジュネーブ条約に基づき、それぞれの都道府県公安委員会が発行しているもので、条約の加盟国が各国で発行された国際免許証を認め合うというものです。 この国際運転免許には有効期間が定められており、有効期限は1年です。頻繁に海外で運転をする機会が多い場合は、この有効期限内かどうか注意しなければなりません。もしも、1年以上海外で滞在される方は、日本の運転免許証を滞在される国の運転免許に切り替えるか、運転免許試験を受けて滞在される国の運転免許を取得する必要があるようです。 また、このため国内運転免許の有効期限が1年未満の場合には、国際運転免許証の発行を受けることができません。こういうケースの特例措置としては、一般の運転免許更新手続き期間以外にも運転免許の更新を行うことができます。

国際免許証って一体どうやったらもらえるの??

国際運転免許証の申請を受け付けるところとしては、各都道府県警察署の運転免許課や運転免許センター、運転免許試験場などがあげられます。警察署で発行を受ける時は、運転免許証発行にだいたい2週間程度かかる場合がありますので、ご注意してください。より詳しい情報は、国外運転免許証の取得方法をご覧ください。※こちらの内容に関しては都道府県ごとに違いがありますので、お住まいの近くの運転免許センター、もしくは警察署に直接お問い合わせてください。

国外運転免許証(国際運転免許証)を取得するには・・・

国外運転免許証(国際運転免許証)を取得する場合は、日本の免許に基づいてジュネーブ条約附属書第10の様式の運転免許証の交付を受ける場合は、お住まいの住所地の公安委員会に申請して下さい。

国外運転免許証の申請の際に必要な書類等
① 国外運転免許証交付申請書
②外国に渡航することを証明する書類
③現に受けている免許証(提示)
④免許証用写真1枚

※申請前6か月以内に撮影した無帽子、正面、無背景で、胸から上が写っているもの。大きさ5.0×4.0センチ。
申請場所や受付時間、申請に必要な書類、手数料等の詳細は各都道府県警察の運転免許センター等にお問い合わせ下さい。

国外運転免許証で運転できる自動車の種類

日本は、1949年にジュネーブにおいて締結された道路交通に関する条約(通称「ジュネーブ条約」)を締結しており、この条約において、「条約締約国は他の締約国が発給した同条約の附属書9又は附属書10の様式に合致する免許証を所持する者に対し、上陸の日から起算して1年間は、自国において運転することを認めること」とされています。しかしながら、国(州)によって、その国(州)の法令の規定等により、同運転免許証で運転することに制限を加え又は認めないこともあり得ます。また、日本の運転免許証の提示を求められることもあります。各国の現実的な詳細は、その国にあります日本大使館又は領事館等に直接お尋ね下さい。また、国外運転免許証は、その基となった国内の運転免許が失効し、又は取り消されたときは、国外運転免許証の有効期間内であってもその効力を失いますのでご注意下さい。

アメリカでの運転免許証の取得について

アメリカというのは皆さんもご存知だと思いますが、各州によってそれぞれ法律は異なります。ですから運転免許証の取得方法、道路での交通ルール、運転免許を取得できる年齢もそれぞれ違います。また、運転免許を取得する場所の名称が[Motor Vehicle Division (MVD)]、[Department of Motor Vehicle (DMV)]、[Transportation Department]だったり、[Bureau of Motor Vehicles (BMV)]などなど、それぞれ州によって名称が異なりますのでこれも注意点といえるでしょう!それでは現実問題、アメリカにおいて運転免許証を取得するまでの流れというものを軽くご紹介していきましょう!まず運転免許ハンドブックを読んでアメリカの交通社会の交通ルールを勉強します。ハンドブックは、運転免許を取得する場所で配布されており、またインターネットなどからのダウンロードも可能です。
次に筆記試験[Written (Audio/Computer) Test]をします。筆記試験を受けるためには、それぞれ筆記試験の予約がいらない州がほとんどのようです。 筆記試験に合格後仮免[Temporary(Instruction) Permit]が発行されます。(仮運転免許証は有効期限は1年です。)其のときに目の検査[Vision Exam]や指紋採取[Thumb Print]をする州もあるようです。
仮運転免許証の用紙を持てば運転の練習ができるようになります。ここまでくると駆り運転免許証だけでドライビングスクールに行かなくても、友人の車を使って練習することもできます。また、ドライビングスクールもありますが、練習場は無いので路上で練習することとなります。。料金的にも日本の自動車学校などより格段に安く、リーズナブルになっております。次に、運転試験[Driving Test]をします。(予約が必要な州もあります。)路上で運転免許試験をします。試験内容は州によって少し違うようです。試験に合格すると、続いて写真撮影、料金支払い等をします。運転免許証には、目と髪の色、身長・体重、臓器提供[Organ Donation]するか等記載するようです。身長と体重はアメリカの単位で書き込めるように準備しておいたほうがよさそうです。コレで運転免許取得に関する一通りの流れは修了です。この数週間後には郵送で運転免許証があなたのものとへと届きます。